このブログを検索

2015年5月31日日曜日

オール沖縄の正体見たり民主党

何度も申しわけありませんが、今度もまた翁長一派の件です
まずはこちらの画像に注目。
これは17日の県民大会の参加者が23日のタイムスに寄稿した…まあ言ってしまえば日記です。
そして、ご注目いただきたいのはこの赤枠で囲った箇所
==========
 連合沖縄の大城会長が紹介されると、小生の後に座っていた初老の紳士が「やまとぅの民主党をしっかりさせろよ」と叫んだ。
誰からともなく、初老の叫びに賛同の拍手が起きた。
佐藤優氏が、知事公室長の任期を1年残して外務省入りをしたいきさつを話だすと「又吉ー沖縄を売るのかー」。
翁長知事が前知事の埋め立て承認から辺野古が…と話しだした時、すかさず「仲井間知事は県民に謝罪しろー」。
両方とも初老の紳士の掛け声だった。
炎天下の厳しい暑さの大会だったが初老の周りでは3回にわたり溜飲を下げる拍手が沸いた。
==========
まず、保革を超えたオール沖縄が云々という趣旨の大会でただ単に思想の方向性が微妙に違うとか前の知事の話をされたとかいうネタに短絡的に反応して罵声を上げるような方は、不良老人とは言っても紳士とは呼ばないのだよという事はさておき…

「やまとぅの民主党をしっかりさせろよ」

はい、言質頂きました。
「やまとぅの民主党をしっかりさせろよ」

 多少知恵の回る人なら、知事選で翁長の応援に小沢一郎が来ていたこと、そもそもこいつが中央で政権を簒奪した手口というのが、国家財政の健全化より自分の権益が大事という性質の議員を郵政造反組とか称して自民党を裏切らせて議席を確保した事…
そして、当の翁長にしてからが自民県連の選挙対策を担う立場にもかかわらず、先の知事選ではサヨク政党におもねって自民県連を裏切ったというようなファクトから当然の帰結として
「ま~た同じ手口で商売してやがる」
と、推定するものなのですが、オール沖縄だのひやみかち革命だの言って翁長を応援してる下品なアジテーターが口にする言葉が
「やまとぅの民主党をしっかりさせろよ」

…その民主党が沖縄に対して何をしたのか、もうお忘れなんでしょうかね。
まず、財閥の馬鹿息子にしてサロンコミュニストのぽっぽからして、前政権がアメリカや沖縄とも時間をかけて利害を調整してなんとか妥当なところへ落とし込んだ辺野古への移設という話をひっくり返した張本人でしたし、その後任のすっから菅は、沖縄県の領域である尖閣諸島で日本国の主権を侵犯した中国人を海上保安庁が拘束したところ、宗主国におもねりたいという思惑から光の速さで駆けつけて法を捻じ曲げ犯罪者を釈放させるという滅茶苦茶を仕出かしてくれました。

 ちなみに、先の仲井間知事ですが、ルーピー鳩山馬鹿ぽっぽが"日本国総理大臣として"県外移設を提唱したために
「本当に可能ならさっさとやってくれ」
とやった事を言質と看做されて、民主が下野した後に現実の見えてる安倍に従った事を公約破りだの民意を裏切っただのと喧伝されて知事を辞めさせられたわけなんですが…

ヒエラルキー上内閣総理大臣は県知事より上位であり、なおかつ基地問題に関する案件は一国の主権を護る為の防衛という手段についての問題である以上、本来的には日本政府のお情けを受けて県民にとってベターになる方向性を提示させて頂くという以上の事はできんのです。

残念ながら、制度上民主党が政権を取ったら民主党に従い、自民党がそれを奪還したら自民に従った仲井間知事には何の瑕疵もありゃしません。
逆に、那覇軍港を人口密集地の浦添に移設するのはOKで普天間基地を過疎の名護市東海岸に移設するのは勘違いしたプロ市民に便宜を図る必要があるからNGだなどというダブスタを、県知事に与えられた権限を踏み越えてまで強行しようとする方がよっぽど蝕法的な行為なんですが。
それゆえに、知事選の後に出てきたこの種の如何わしいプロパガンダは実際のところ、翁長とその支持者がてめえらの背信行為についてよく知っている自民県連の人間を沖縄から追放してしまいたいという本音がイヤというほど透けて見えるわけなのです。

で、当の馬鹿ぽっぽはよく調べもせずに軽口叩いて、結果普天間基地を受け入れてくれそうな場所は結局辺野古しか無かった為にゴメンナサイして内閣総理大臣を辞める羽目になったくせに…
こうやって、ほとぼりが冷めたら沖縄の人間を食い物にして政界に復帰するために講演会を開きに来るという破廉恥さ。

更には、翁長自身(今更ああいう事を言っても振興費欲しさの詭弁としか受け取られないのだが)沖縄独立なぞ有り得ないと言った傍から、数年前から頭のおかしい自称知識人が立ち上げた琉球独立学会が名護に入り込む支離滅裂。
しかも、幸福実現党の反翁長の横断幕とそろい踏みのカオス。

 では、そうやって(政権奪還の踏み石として食い物にしようとしているとはいえ)沖縄にすり寄るふりをしている民主党の現状はどうかと言うと…
安倍総理
タイムスに朝鮮じみた悪意的なセンスが鼻につく風刺漫画を描かれながらも、かりゆしウェアを受け取る。
更に自民党本部では
 
恒例の沖縄物産展が開かれ大勢の国会議員がかりゆしウェアを買っていった模様。
他方民主党
下部組織の民主県連から勧められたにもかかわらず門前払い。

…鳩山の空約束が民主党下野のきっかけになったから沖縄は嫌いだというトラウマがあるのか、東京でかりゆしウェアを着てるのは自民党だから同じに見られると党内の結束が揺らぐという考えがあるのかは知らんが、
「沖縄だけ特別扱いできない」だそうな。

オール沖縄だ、琉球民族のアイデンティティだと喚いてる輩がこういう政党を応援してるとは実に皮肉な話ですな。

その皮肉という言葉で思い出しましたが、
これもまたやっぱりヒエラルキーで上位にある県知事の指示に愚直に従っただけの浦添市長を、例によってサヨク政党が公約破りだと決め付けて叩いてた件は
やっぱ予想通り無事に否決されましたとさ。
そりゃそうでしょうよ、民意民意と言いさえすればダブスタで法も破り捨てていいみたいな話が通るわけないですもん。

…加えて言うと、"何故浦添市で"こういう話になったのかという事も
あたしゃうっすら判るような気がします。
だって、この赤丸を付けたサヨク空白地帯が浦添市ですもん。

こういった一連の動きについてですが、私はこれは明らかに沖縄の外部から持ち込まれたまずイデオロギーありきの如何わしい政治活動であると"断言"できます。
この周辺の土地でいちばん危険なのは曲がりなりにも民主主義が通用するアメリカ軍ではなく、身の丈に合わない野望を実現するために頼まれてもいないのに沖縄を解放しようと軍拡を進めている赤い山賊だという個人的な意見は置いておくとしても、このようなファクトがあるからです。
重要なのはこの赤枠で囲った箇所
==========
 今回、沖縄の人たちの考え方に変化を感じた。
日本人とは異なる歴史背景を持つ民族だというアイデンティティーが明確になり、日本との溝が深くなっている。
 この考え方は10年前、いや琉球独立を取材した3年前も主流ではなかった。それが今では広く浸透している。
こちらが何も言わなくても、沖縄の人たちは琉球王国の歴史を語り出す。
「日本とは違う」という意識を強く感じる。
==========
…お判りでしょうか?
だいたい辺野古に常駐してるのは本土からやって来るプロ市民であって沖縄人じゃねーよという事を別にしても、三年前まで大方の人が信じてなかった話が"今は深く浸透している"ってのは、元々当の沖縄人ですら抱いていなかった認識を執拗な宣伝活動によって後発的に植えつけた証拠に他なりません。
しかもその根拠になるのが、かつての琉球王朝時代には士族の男性くらいしか学問を許されなかったという黒歴史を隠蔽して明治日本の公民化教育を批判するような人種が、てめえの反日史観を正当化するために文献からチェリーピッキングしてきた記述だというのだから、全くお話になりません。
残念ながら、サヨクはこういう具合に口先だけで沖縄の人に同情するふりをしながら、実際には政争のために利用してやろうという、実際に詐欺師以外の何者でもない輩なのです。

とまあ、こんな具合で沖縄の民意を騙って"疾走"を続ける翁長県政ですが、やっぱやり過ぎをしてしまったようで

 

他ならぬサヨクマスコミから胡散臭い人事の件について叩かれ始めているようです。

まあ、そうなったらそうなったで、やっぱり自民党出身の政治家は信用できないと露骨な印象操作を始めるのが今からでも判るような気がしますが。

2015年5月19日火曜日

自分達で決めたルールすら守れない方々

 さて、今回は性懲りも無く件の反辺野古集会の件を扱いましょう。
用事のついでに開場前の会場を一通り見て回ったら、やっぱりと言うべきか予想通りにアレな行動が見られましたんで。
今回まず注目していただきたいのは、前回も取り上げたこの15日の新聞広告です。

こういう事をルールとして主張している以上は、当然の事ながら、横からこんな具合に右翼団体が罵声を浴びせても
video
同じ次元に堕ちる事は無く、横断幕も幟も拡声器も無いただ単に青いものを身に付けた県民がしずしずと那覇の球場に集まり、そこから反基地の誓いを交し合うというイベントになるかと思いきや…
幟立てまくり
自分達で決めたルールすら守る意思はありませんでしたとさ。
更には、これをダシにてめえの選挙に利用しようとする不貞の輩まで

…のぼり、横幕など"個人・団体の"掲揚、設置を認めません
新聞広告じゃたしかそう取り決められてたはずだけど。
ってコラ!
ひやみかち革命とやらの呼びかけ人である翁長知事の支持者自らルール違反ですか?
video
そして当然のようにやってくる学生自治会
更に革マル派からの
県外の労組組織で
基地問題とは何の関係も無い冤罪事件とやらの署名集めまで来る始末
おい、坊さん!
政教分離は何処行っただ?

…まあ、このイベントは環境と言うか空気が空気だけに仕方の無い部分ではあります。
こないだボスが自らキャンプシュワブの基地の敷地に踏み込んで拘束されたのに不当逮捕だと喧伝した平和運動センター
或いは3.11の時に東北の被災者を支援するため海兵隊が留守にしていた普天間基地の周囲を取り囲んで凧だの風船だの飛ばして喜んでた準テロ組織。
こういうものが正義面して大手を振って歩いてるような大会ですもんね。
おまけで、こちらは昨年末の選挙で翁長が勝った直後あたりから増えてきたビラで、何処が貼っているのか確定的なことは言えませんが、沖縄出身の自民系国会議員全員を裏切り者と決め付けてリコールを呼びかける趣旨のモノです。

…実際には翁長の方が名誉特ア人の民主党の残党に他ならない小沢と組んで自民県連を裏切っていて、しかも新基地は作らせないとか言ってたくせに平然と那覇軍港を人口密集地の浦添に移設するような二枚舌の持ち主なのですが。

で、そんな裏切り翁長を支援していると専ら噂の某企業グループですが、
数百名単位でごっそり動員してくる事になっているらしく、この写真の右下の部分に写っているように開場直後に幟を持った場所取り係りを配置して正面の席を確保しちゃってました。

…憎まれっ子世にはばかると言うか、本業で培ったスキルがサヨク内部での生存競争にばっちり生かされてますね~。
もう二度とあそこのスーパーにもガソリンスタンドにも行かないから、お役所頼みの土建屋の本業だけで食って行きなさいよ、あんた方は。

おまけその2
ワイヤーカッター持って基地を"包囲"するんだとよ。
反基地サヨクの人にとってワイヤーカッターなんて、普通基地に"侵入する"時にしか使いようが無いと思うがね。
で、フツーに警衛に捕まって犯罪者として処罰されるの。

 ただまあ、やっぱ見ていてどうも中高年が多かったですね。
おおむねこんな感じで、大体過半が明らかに定年退職後とおぼしき年代の連中でありました。
プラス、県外からも来ている時点でまず参加者は一割の中二病患者を除けば、九割がたはどうしようもなく狂っている輩であると断定できます。

…なぜ"断定"できるのか?
その根拠はコレです。
video
全く同じ日の同じ時間帯に那覇市内の少し離れた場所で、伝統行事の波上祭が神輿、獅子舞、旗頭行列揃えてこのように、にぎにぎしく執り行われ、市民や観光客を楽しませていたのです。
video
マトモな人なら、よっぽど大事な仕事でも無いかぎり那覇市民じゃなくてもこっち来るでしょ普通。

2015年5月16日土曜日

突っ込みどころありまくりなルール作り

 いよいよ明日、辺野古反対がどうたら言う実質的には革命残渣という名の通りのカス共のイヴェントが決行されるようですね。

ただ、この件についてちょっと気になる部分があったので前もって少し。
これ、例によってタイムスに載ってた広告なんですが。
この赤線引いた部分が特に気になるんですよね~。

・・・チラシ、幟、横断幕、拡声器が禁止なんですって。
じゃ、一体何を主張したいが為の大会なのよ?

 まあ、こういうわけの分からない事言い出す理由はなんとなく判るような気はします。前回の記事でも指摘したように、目下のところ翁長は辺野古と浦添の扱いがダブスタだという保守からも革新からも攻撃されうる材料を抱えている。

つまり、多少なりとも常識というものを弁えている保守派からは
「人口密集地の浦添に移設してもいい基地が、過疎のために逆に基地を容認してる辺野古じゃ絶対にダメな理由って何よ?」
と言われ、
微かでも悟性を残している革新派からは
「翁長は沖縄には新しい基地は絶対に作らせないと言っていたのに、浦添に基地を作ろうとしている。これは公約破りの裏切り行為なのではないか?」
という具合にやられてしまうと、安倍政権を攻撃したいが為に集めた筈の乱衆が三十秒で県知事選のやり直しを求めて怒りの拳を振り上げるなんて事になりかねない。

 そこで、日本政府に対抗するためには沖縄県民の結束が必要なので、権力との闘争のための一時的措置を取る必要があるとか何とか言っちゃって、県知事に非常大権を与えて民衆から思想・表現の自由を奪ってしまう一方で、翁長知事自身は沖縄県民の総意を代表していると騙って中国詣でに行ったり、安倍政権の閣僚にヘイトスピーチかましたり、反米の為にテロ紛いの行為にまで手を染めたりという、きわめて好戦的な全体主義を志向しようといったところなのでしょう。

2015年5月7日木曜日

亀裂入る「オール沖縄」 必死で塗り隠す沖縄タイムス

 17日に共産党がなにかやるみたいっすね。

・・・公約破りもヘッタクレもそもそも松本さんは、市長選の時に軍港移設がどうのこうのという話を争点にはしてなかった気がするんですが。
で、オール沖縄とやらで糾弾っすか。

然らば、昨日の沖縄タイムスの記事を見てみましょう。
・・・お分かり頂けただろうか。

 これって、他ならぬオール沖縄の呼びかけ人の翁長と後継者の城間の言ってること後追いしてるだけじゃん。
で、辺野古ストップとか喚く一方でこそっとこういう事する翁長の事は批判しないくせに、彼の意思に添う形で軍港の移設を進める松本市長の事はタコ殴りにしようと。

本音では基地問題とは関係の無い、まず派閥ありきの政争のためにアホの民衆を煽って特定の政治家を引き摺り下ろしてやろうというえげつなさが見え隠れしてるんですがそれは。

が、この件に関して沖縄タイムスはまたわけのわからん詭弁をぬかしてますね。
この赤枠で囲った部分の事ですよ。

・・・元々従順に翁長の政策に従うつもりの松本市長が改めて翁長について行くと表明したところでそれが何故翁長に逃げ場を与えることになるのか判りません。

だいたい、自民県連は日米政府と協調しての基地容認というスタンスなんですから、自民県連が主張するところの翁長のダブルスタンダードとは

「浦添に軍港作るなら、サヨクにおもねった下賎な人気取りの為に辺野古にヘリポート作るのを妨害したりすんじゃねーよ」

という意味に他なりません。

記事の中に出てくる"自民党内からは""関係者の一人は"が一体誰の事を意味するのか、皆目不明で、そもそもタイムス政治部の幻聴なのではないかという可能性もあるのですが、自民県連が
「翁長は最初の筋を通して浦添の軍港にも反対すべきだ」
などとは言っていない以上、自民側の戦術としては後述されている防衛省の中の人と同じスタンスから浦添では通った基準が何故辺野古では通らないのかという点を追及するだけの話でしかありません。

逆に、サヨクが「浦添には軍港を作るな」などと言って松本市長を攻撃すれば、それは結局オール沖縄とやらの言いだしっぺである翁長の政策を批判するという自己矛盾に陥り、アホタレ共が国に反対したいだけの理由ででっち上げたオール沖縄が空中分解することを意味するんですが、そこのところの危険性判っていますか、共産党さん?

 ま、当然の事ながらサヨクと翁長としては浦添は容米だが名護は反米だからその民意に従っただけだと逃げるかもしれません。
ところがどっこい、同じ日のタイムスにゃこういう記事も載っている。


この赤枠で囲った部分判りますか?

 そりゃ、運用する側の人間がどんなに安全に気をつけても事故を起こす可能性を完全には排除できないような性格の施設を地元に作って欲しくないのは何処の区長だって同じ話です。
だけど現実見りゃそうも言っては居られない。
それを不正義の連鎖だなどと決め付けるのは"分析"なさる自称研究者の思想の自由ですが、そういう性質の研究者でも否定できない現実として

・そもそも辺野古区は1950年代から容米
・米軍相手に商売してる人も大勢居て、今更基地が無くなっても困る
・プロ市民は反米無罪とばかりに辺野古区民の生活道路を封鎖したり、基地で働いた辺野古区民にヘイトスピーチを浴びせたりのやりたい放題
・それゆえに、反米派の辺野古区民でも、さすがに抗議活動への参加は辞退する
・あんまり酷すぎるので辺野古の区長が反米である名護市長にプロ市民のテントを撤去するよう陳情を出した

こういったネタが上がってきている以上、やっぱ民意を盾にとっても浦添でOKな米軍基地が辺野古ではダメというのは政争ありきのダブルスタンダードであるとしか申し上げようが無いのです。

ま、これは小官の個人的な意見ですが、そこまで筋を通したいのでしたらプロ市民の諸君には是非とも国道58号線のキャンプキンザーのゲート前に集結してオール沖縄を掲げつつ辺野古と同じ行為をやりまくって、大票田であるベッドタウンの浦添市民を容米の裏切り者と決め付けて大騒ぎしてほしいもんですなぁ。
(もちろん皮肉)